スポット

高浜焼窯跡

たかはまやきかまあと

 江戸中期高浜村の庄屋上田伝五右衛門(うえだでんごえもん)が肥前(佐賀県)から陶工を招き、天草陶石を原料として焼き始めた高浜焼の窯跡。
 当初は、茶碗、皿、など日用品を焼いていたが、安永7年(1778)には長崎奉行所の命を受け紅毛人(オランダ人)向けの赤絵錦手の焼物も製作し長崎出島での出店も始め、高浜焼の名声を高めた時期もあった。その後、幾多の変遷があり経営不振になったが、明治元年(1864)に第12代上田定行の時再興し、実用物を焼き幕末に至ったが、明治32年(1899)に窯は閉鎖された。

施設情報

※新型コロナウイルスの影響に伴い、定休日や営業時間が変更になっている場合がございますので、事前に各施設へご確認下さい。

名称 高浜焼窯跡
所在地 天草市天草町高浜
駐車場

3台

アクセス

・熊本市から車で(下田横断道路経由)2時間45分
・九州自動車道松橋ICから車で2時間35分
・天草空港から車で65分

TEL 0969-42-1115(高浜焼寿芳窯)
FAX 0969-42-0640

関連イベント