Archive: 2017.08

タコ🐙がいっぱい

有明町の国道324号線は「天草ありあけタコ街道」と呼ばれ、夏には海岸沿いに干しダコが揺れています。

今年は大漁の様でたくさん干してあるのを見かけますicon_biggrin.gif

IMG_7285

私もタコを貰う機会が多くkira01.gif    茹でたてのタコkao-a18.gifもちろんこのまま食べても美味しいのですが・・・

IMG_7368

タコ焼きを作ってみましたよkao-a02.gif

IMG_3266   

 

先日、8月8日(タコの日)に四郎ヶ浜ビーチの近くにある大きなタコモニュメントの広場の名称が決定しましたte02.gif

全国から452の応募があり事前にその中から8名を選び、当日は1番から8番までの番号を付けたタコ壺を水槽に入れて、本物のタコに選んでもらったそうですicon_rolleyes.gif

タコちゃんは7番目のタコ壺がお気に入りの様でkao-a18.gif「ありあけオクトパーク」に決定star.gifstar.gifstar.gif

 

ここは地面がタコの吸盤の舗装になっていたり、タコのモニュメント、祈りダコ、絵馬を掛けるスタンドなどがあります。右の写真の歩道橋を渡ると道の駅有明「リップルランド」に行くことが出来ますicon_razz.gif

   

 

写真向かって左側の有明海は日本で最大級の干潟の差があり、タコの餌となる貝やカニ類など多く生息しているそうでspoon01.gif

それらを餌とし、急流で育つことから、とても肉付きがよく味が良いと言われていますup.gif

また昭和38年に、兵庫県明石海峡で大冷害が起こり、明石海峡のタコがほとんど死滅するほどの被害にあった際に、当時の天草ありあけのタコが放流され、危機を救ったということですheart06.gif

 

 

この巨大なタコのモニュメントはH17年10月18日に完成girl.gif

高さ3m、幅4.5m、奥行き2.5m、重量は888㎏もあるそうですkao16.gif

観光振興課長にタコの足に巻かれて貰いましたよkao-a05.gif

 

皆さんもここで楽しい写真を撮ったり、タコ料理を食べにお越し下さいねcar02.giff01.gif

 

道の駅有明「リップルランド」☎0969-53-1565

 

 

文化交流館手びねり体験の巻

みなさんこんにちは!

ハムニダです。

今回は天草文化交流館で手びねり体験をしてきましたので、ご紹介します!!

まず、先生から説明を受けます。

IMG_3466

今回使う粘土はこちら。500gだそうです。こちらをちぎって使いますよ~こねこね。

IMG_3469IMG_3471

土台を作って上に棒状にした粘土を重ねていきます。

IMG_3472IMG_3473

あ~っkao16.gifてなっても大丈夫です。

IMG_3474

どんどん積み上げていって、形を整えます。

IMG_3476IMG_3481

最終的にはこのようになりました。じゃ~ん。

IMG_3489

取っ手はあとからつけてくださるそうです。

焼きあがったら、絵付けをします。絵が苦手な人は色だけをつけることもできます。

絵付けのあと焼いてから出来上がりです。

楽しみ~!!

出来上がったら、またブログにアップします♪

今回体験をした天草文化交流館は元教育会館で建物も国の有形文化財に登録されているんですよ☆

なんともレトロでいい感じでしょ?

IMG_3491

IMG_3492

天草文化交流館内には、天草土(どろ)人形やバラモン凧、南蛮てまりなども展示してあります。

IMG_3444IMG_3446

IMG_3450IMG_3454

見学は無料なので、ぜひぜひ見に行かれてくださいね。

手びねり体験のほか、ろくろ体験、土人形絵付け体験などもできますよ。

観光協会のツアーはこちらから。

天草で「手びねり体験」~国の有形登録文化財天草文化交流館にて~

天草で「ろくろ体験」~国の有形登録文化財天草文化交流館にて~

天草の伝統工芸「天草土人形」絵付け体験~国の有形登録文化財天草文化交流館にて~

 

天草文化交流館

天草市船の尾町8-25

TEL:0969-27-5665

休館日:月曜(月曜が祝日の場合は開館)

    祝日の翌日

    12/29~1/3

入館料:無料

 

 

 

天草南蛮柿(いちじく)フェア2017

今年も始まりました。

天草南蛮柿(いちじく)フェア2017kira01.gif

みなさん食べましたか?

 

S__38051860

 

S__38051870

 

 

天草産の南蛮柿(いちじく)をまるごと使ったタルトや、パイ。

ピザにパスタに天ぷら...

今しか味わえない、期間限定のスイーツや新作ぜひ食べてみてください♪

 

S__38051874

S__38051900

 

S__38051882

 

スタンプラリーも同時開催されてます。

会計後にスタンプを押してもらってポイント2個から応募できますよーhana-ani01.gif

合計44名様にプレゼントが当たるみたいなのでどんどん応募してください。

 

 

【お問合せ】

天草南蛮柿島づくりプロジェクト

熊本県天草市栄町1-25(本渡商工会議所内)

0969-23-2001

本渡商工会議所ホームページ

http://www.hondo-cci.or.jp/

 

幸せ・・・・

先日、旅行雑誌「じゃらん」が毎年発表している九州・山口の「行ってよかった」観光地ランキング2016において、なんと天草が前年の17位から大きくジャンプアップして2位にランクインしました。

!cid_15d81ff31a07c74fc211

私たち観光関係者にとって大変嬉しいニュースとなりました。

引き続き、皆様に少しでも喜んでいただけるよう努力してまいりたいと存じます。

ところで、今天草は一年で最もアツい夏を迎え、多くのお客様にお越しいただいております。

そして、秋を迎えると「天草伊勢えび祭り」「天草五和赤うに・アワビ祭り」そして「あまくさ丼丼フェア」など天草の海の幸、山の幸を堪能できるグルメイベントが続々と開催されます。

 

日頃忙しい毎日をお過ごしの方、職場内や取引先との人間関係にお疲れの方、彼氏や旦那に対する不満が溜まってらっしゃる方など、特に天草の「食」はおすすめです。

 

「伊勢えび」や「あわび」や「うに」など天草の「海の幸」は、皆さんを「幸せ」にする!!!!!かもしれません。!cid_15db123e2be532015221

ぜひ自分へのご褒美として、この秋天草の「幸」を堪能して、少しでも「幸せ」になっていただければ、私どもも幸いです。

 

 

 

恐竜の島化石採集クルージングへ

こんにちは。天草宝島観光協会のjyunです。夏休みに入り暑い毎日が続いております。そんな中、小学生の甥っ子と恐竜の島化石採集クルージングに参加するため御所浦町へ遊びに行ってきました。

まずは、倉岳町の棚底港へ。8:10発のフェリーごしょうらに乗船。(棚底港には駐車場があり、12時間100円で便利です。)御所浦港に8:50到着。

御所浦港に着くとすぐに物産館しおさい館とティラノサウルスのモニュメントがお迎えしてくれます。集合時間の9:15分まで港から徒歩すぐのところにある公園に行きました。ジェラシックパークの世界です。

DSC_0400

公園内には、4体の恐竜がお出迎え。1体は、スピノサウルスで、全長15~18mになる巨大な肉食恐竜で細面の顔が特徴でした。

集合時間9:15になり、御所浦物産館しおさい館へ。受付終了後、トイレを済ませてライフジャケット着用し、いざ船に。

御所浦ジオガイドツーリズム会の島田さんが、船の上から肉食恐竜の足跡化石のあった場所や御所浦の養殖いけすなど解説しながら化石採集現場へ。

DSC_0406

時々水分補給をしながら化石採集にチャレンジ。ガイドの島田さんがハンマーの使い方や化石の見つかる石の見つけ方など教えてくれるので、初めてでも大丈夫。早速、挑戦し夢中で甥っ子は石を割っています。

DSC_0410

船で一緒になった家族も夏休みの自由研究に利用するらしい。昨日の家族づれは、アンモナイトが取れたとのこと。暑い日差しが降りそそぐ中でしたが、かなり夢中になって化石を探してしまいます。皆さんもぜひ遊びに来てください。その際に、熱中症対策として帽子と水筒(飲料水)・靴を準備してください。

この後、島田さんの案内で船にのり、御所浦島を一周して帰りました。およそ2時間あっという間でした。御所浦港に11:30に到着。アンケートを記入し、しおさい館内で販売しているソフトクリーム(200円)をほうばり、熱くなった体を冷却。恐竜だんご(1個100円)もおいしかった。DSC_0408

その後、先ほどの公園の隣にある白亜紀資料館へ。白亜紀史料は、開館20周年で特別展「恐竜展~トリケラトプスの仲間とその進化~」(入館無料)に行きました。入館の際に、一人1枚の古生物カードがプレゼント。私がもらったのは、ティラノサウルスでした。他に2種類あります。

DSC_0421

角竜の標本など約100点がずらりと展示。その中には、触れる展示もあり、その一つが下記の写真の皮膚のレプリカ。少しザラザラ、ゴツゴツしていましたよ。

DSC_0422

この特別展のフロアの中央部に、7月5日に報道発表のあった恐竜の歯の化石の実物公開を見てきました。この歯は、ティラノサウルス科に類似する全長7mを超す大型肉食恐竜のものらしい。約8000万年前の白亜紀後期に、このあたりに恐竜が歩き回っていたんでしょうね。

十分に白亜紀資料館を見学後、近くの食堂「松苑」へ。ちゃんぽんやあら煮定食、その他かつ丼などメニューも豊富。御所浦の思い出に、しおさい館で恐竜鉛筆や恐竜の足跡クッキーとちりめんじゃこなどお土産を買って、船に。

帰りは、定期船だったので御所浦港を出発して棚底港に30分で到着しました。1日御所浦を満喫して甥っ子はとっても楽しかったようです。

【お問合せ】

①恐竜の島化石採集クルージング

天草宝島観光協会

電話:0969-22-2243

http://www.t-island.jp/p/event/detail/1653

②御所浦白亜紀資料館特別展「恐竜展~トリケラトプスの仲間とその進化~」

電話:0969-67-2325

http://gcmuseum.ec-net.jp/