お気軽散策ルート

お気軽散策コース
ルート&マップ

本渡周辺の天草の歴史と文化を車で約3時間でめぐるお気軽ルートです。本渡港についたら是非周ってみてね♪

1.本渡港 2.祇園橋

天草の下島と上島の結接点に位置する本渡港は、八代や御所浦などを結ぶフェリーや「A列車で行こう」と接続した天草宝島ラインが就航するなど、天草地域の海の玄関口としての役割も担っています。

国指定重要文化財となっている祇園橋は、祇園神社(八坂神社)の前にあるので祇園橋と呼ばれており、石造桁橋と呼ばれる構造で穏やかにアーチを描く、なんとも歴史を感じさせる石橋です。

3.天草文化交流館

昭和10年に教職員等の拠出金で建てられた洋風建築物である天草文化交流館は、平成18年3月に独特な西洋風の建築が、昭和初期の高度な建築技術を知ることが出来る貴重な建造物として認められ、国の登録有形文化財となりました。

4.天草キリシタン館

4つのゾーン(天草キリシタン史、南蛮文化の伝来と天草、天草島原の乱、乱後の天草復興とキリシタン振興)に分かれ、解りやすく解説されています。「天草キリシタン館」の上からの眺めは真向かいの天草上島もよく見え絶景です。

天草キリシタン館の2階にはカフェ・ショップ、図書閲覧コーナーがあり、観覧後ゆっくりくつろげます。景色を眺めながらテラスでのティータイムはガールズトークが弾みます♪

5.明徳寺山門

天草・島原の乱後の人心平定とキリスト教からの改宗を目的として建立された曹洞宗の禅寺。石段の入口には、異人のように彫りの深い地蔵があり「異人地蔵」と呼ばれています。

6.天草陶磁器窯元巡り

天草で採れる世界的な陶磁器原料の天草陶石。国内では有田焼、清水焼などの原料として使われ、台湾や韓国などにも輸出されているんです! そんなスゴイ陶石で作られる天草陶磁器は他の産地みたいに「ブランド」として表舞台に出ることはなかったんですが、平成15年に日本伝統工芸品の指定を受け、現在30数軒の窯元が個性ある作品を創り、「陶磁器の島」へと進化を続けています。

ちゃんぽんランチ

天草ちゃんぽんと言えば具沢山で有名! 新鮮な海鮮もたっぷりの贅沢なちゃんぽんをわざわざ日帰りで食べにくる方も多いです。度肝を抜かれるほどの量を是非完食してください!

アクセスルート