投稿者 jun

WANIMA(ワニマ)のルーツへ。

こんにちは。天草宝島観光協会のjyunです。先月観光協会に若い関西からの男女が来訪、目的はWANIMAのルーツを尋ねる旅。私も、昨日行ってみましたので、皆様にご報告します。

WANIMAは、熊本県出身のKENTA(ケンタ)さん、KO-SHIN(コーシン)さん、FUJI(フジ)さんの3人メンバー。そのうち、ケンタさんとコーシンさんが倉岳町出身。

携帯の三太郎シリーズCMでおなじみの「やってみよう」の曲を流しながら、天草市本渡側から国道266号を経由して倉岳町へ

DSC_0686

にっこり恵比寿様の付いている看板が見えると、倉岳町。

すると、ケンタさんとコーシンさんの出身高校の天草高等学校倉岳校が右手に見えてきます。

DSC_0689

現在約70名の生徒さんが通学され、11月に入り先日文化祭があったようです。

さてそれから、国道266号を2~3分ほど車で走ると、ケンタさんとコーシンさんが毎日練習をしていた「パチンコ大和」(倉岳町浦)を発見。パチンコ台を全部外に出して、自分たちでテーブルを作って、ジャンジャン練習したところで、ファンの間では「大切な場所」となっているようです。

DSC_0692

近くにあるJAあまくさAマート倉岳店に行くおばあちゃんに聞くと、Tシャツを着て携帯で写真を撮る若い人たちが多いらしいです。

※個人の土地なので、マナーやごみは持ち帰って撮影してくださいね。

その後、倉岳町の大えびす像を見に行きました。このえびす像は、総大理石で台座を含めると高さ10m!!。えびす像の前には、ブリらしい魚が泳ぐ椅子や、鯛の水道なんかもあり、楽しいですよ。また、えびす像の前にある絵馬には、「合格祈願」と共に「WANIMAに出会えて天草倉岳に来れてシアワセ」とありました。絵馬は隣のえびす茶屋で350円で販売しています。他にも、シモン芋を使ったうどんなど昼食も可能です。

DSC_0694

台座には3つの絵柄「宝舟」「打ち出の小槌」「鯛と稲穂」があり、触ると願いがかなうとか。私は、商売繁盛を願って打ち出の小槌に触ってみました。

DSC_0703

秋晴れの一日、仕事で落ち込んだりした時にWANIMAの曲をかけながら、「・・・正しいより 楽しい やってみようか 倒れるなら 前に倒れよう やって後悔などすることないさ 理由なんていらない やってみよう・・・」元気になりました(^^)

皆様も、秋晴れの一日ドライブへ天草へお越しください。

【お問い合わせ】

えびす茶屋 

天草市倉岳町宮田1284-6

電話:0969-64-2405

http://www.kuratake.link/ebisu.html

機内誌「イルカの空中散歩」

皆さん、こんにちは。

9月に入り天草も、日一日と朝夕涼しい風が吹くようになり、秋を感じるようになりました。

今日は、天草唯一の航空会社「天草エアライン㈱」をご紹介します。

先月、私は、天草エアラインで福岡~天草間を利用し旅行へ。ふわりと飛び立った後、私の機内での楽しみが2つ。

一つは、機内誌「イルカの空中散歩」。

DSC_0385

私が搭乗したときは、第199号(担当はCA村上さん)で、天草に新しくオープンした「茶房カランコロン」で抹茶体験やお店のスイーツの紹介が掲載されていました。

毎回、CAさんがそれぞれ取材されて、手作りで発行されています。天草のことはもちろん、福岡・大阪の名所・穴場スポットのことも。

それと、この機内誌には、CAさんの顔と名前、おちゃめな一面など紹介してあるので、今日のCAさん誰かなーと思いながら乗ると楽しいですよ。

機内の様子

ちなみに、上記の笑顔がキュートなCAさんは、村上さん。

もう一つの楽しみが、高度が低いので眼下の景色が良く見えること。その一枚。離陸直前は、車一台一台まで見えるほど。

ATRから見た天草

機内誌や景色を楽しんでいる間に、福岡空港へ到着しました。皆様もぜひ、空の旅を体感してみてください。

もう一つ番外編。天草空港2階展望デッキには、撮影用の穴があるんですよ。

DSC_0094

この穴に携帯をセットして、撮影すると天草エアラインの機体が金網なしで撮ることができます。DSC_0380

私が撮影した天草エアラインの機体。

また、間もなく天草エアラインの福岡~天草間の往復+天草伊勢えび祭りの宿泊セットのプランができますので、この機会へ天草へお越しください。

天草エアラインのお問い合わせ

天草エアライン予約センター 0969-34-1515

ツアーについては間もなく当協会ホームページをアップ予定。

 

恐竜の島化石採集クルージングへ

こんにちは。天草宝島観光協会のjyunです。夏休みに入り暑い毎日が続いております。そんな中、小学生の甥っ子と恐竜の島化石採集クルージングに参加するため御所浦町へ遊びに行ってきました。

まずは、倉岳町の棚底港へ。8:10発のフェリーごしょうらに乗船。(棚底港には駐車場があり、12時間100円で便利です。)御所浦港に8:50到着。

御所浦港に着くとすぐに物産館しおさい館とティラノサウルスのモニュメントがお迎えしてくれます。集合時間の9:15分まで港から徒歩すぐのところにある公園に行きました。ジェラシックパークの世界です。

DSC_0400

公園内には、4体の恐竜がお出迎え。1体は、スピノサウルスで、全長15~18mになる巨大な肉食恐竜で細面の顔が特徴でした。

集合時間9:15になり、御所浦物産館しおさい館へ。受付終了後、トイレを済ませてライフジャケット着用し、いざ船に。

御所浦ジオガイドツーリズム会の島田さんが、船の上から肉食恐竜の足跡化石のあった場所や御所浦の養殖いけすなど解説しながら化石採集現場へ。

DSC_0406

時々水分補給をしながら化石採集にチャレンジ。ガイドの島田さんがハンマーの使い方や化石の見つかる石の見つけ方など教えてくれるので、初めてでも大丈夫。早速、挑戦し夢中で甥っ子は石を割っています。

DSC_0410

船で一緒になった家族も夏休みの自由研究に利用するらしい。昨日の家族づれは、アンモナイトが取れたとのこと。暑い日差しが降りそそぐ中でしたが、かなり夢中になって化石を探してしまいます。皆さんもぜひ遊びに来てください。その際に、熱中症対策として帽子と水筒(飲料水)・靴を準備してください。

この後、島田さんの案内で船にのり、御所浦島を一周して帰りました。およそ2時間あっという間でした。御所浦港に11:30に到着。アンケートを記入し、しおさい館内で販売しているソフトクリーム(200円)をほうばり、熱くなった体を冷却。恐竜だんご(1個100円)もおいしかった。DSC_0408

その後、先ほどの公園の隣にある白亜紀資料館へ。白亜紀史料は、開館20周年で特別展「恐竜展~トリケラトプスの仲間とその進化~」(入館無料)に行きました。入館の際に、一人1枚の古生物カードがプレゼント。私がもらったのは、ティラノサウルスでした。他に2種類あります。

DSC_0421

角竜の標本など約100点がずらりと展示。その中には、触れる展示もあり、その一つが下記の写真の皮膚のレプリカ。少しザラザラ、ゴツゴツしていましたよ。

DSC_0422

この特別展のフロアの中央部に、7月5日に報道発表のあった恐竜の歯の化石の実物公開を見てきました。この歯は、ティラノサウルス科に類似する全長7mを超す大型肉食恐竜のものらしい。約8000万年前の白亜紀後期に、このあたりに恐竜が歩き回っていたんでしょうね。

十分に白亜紀資料館を見学後、近くの食堂「松苑」へ。ちゃんぽんやあら煮定食、その他かつ丼などメニューも豊富。御所浦の思い出に、しおさい館で恐竜鉛筆や恐竜の足跡クッキーとちりめんじゃこなどお土産を買って、船に。

帰りは、定期船だったので御所浦港を出発して棚底港に30分で到着しました。1日御所浦を満喫して甥っ子はとっても楽しかったようです。

【お問合せ】

①恐竜の島化石採集クルージング

天草宝島観光協会

電話:0969-22-2243

http://www.t-island.jp/p/event/detail/1653

②御所浦白亜紀資料館特別展「恐竜展~トリケラトプスの仲間とその進化~」

電話:0969-67-2325

http://gcmuseum.ec-net.jp/

長崎港と﨑津港を結ぶ高速船「びっくあーす」運航開始

 皆様、こんにちは。天草宝島観光協会のjyunです。

7月7日より長崎市長崎港と天草市﨑津漁港を結ぶ高速船「びっくあーす」が試験運航が開始しました。運航は金・土・日限定で1日一往復。定員300名。

今日は、あいにくの空模様でしたが、船が到着する時はなんとか天気ももち、たくさんの長崎港からのお客様が到着しました。地元の方々や天草女将会の皆様と、就航を記念して大漁旗を振ってお出迎えを行いました。その後、牛深ハイヤ保存会によるハイヤ踊りの披露や餅投げもありました。

DSC_0333

1499418741628

上記の写真はそのときの模様です。

お客様に聞いてみると、1時間40分の船は快適で、軍艦島も船から見え地元の歓迎に喜ばれていました。

その後、天草宝島観光協会が主催する天草満喫2つのプランの旅行ツアーに同行し出発。

1日目の行程は、天草の窯元見学やイルカウォッチングをして、ホテルアレグリアガーデンズ天草に宿泊するコースに同行。

DSC_0337

 

今日のイルカウォッチングは、最近生まれたばかりの赤ちゃんイルカとおかあさんイルカが仲良く泳いでいて、またジャンプも何度か見せてくれました。また、船の横や底をスーイスーイと泳いでいました。これには、お客様もカメラを手に写真におさめようとされていました。天草は、1年を通して野生のミナミハンドウイルカに出会うことができます。

CIMG0972

2日目は、天草キリシタン館を見学後、昼食を山口屋旅館で食べ、﨑津集落を散策。

DSC_0343

ガイドの西岡さんの説明のもと、﨑津集落について熱心に皆様聞き入られていました。お客様は、天草の方々の歓迎と美味しい海の幸に感激のご様子。その後、きんつ市場でお買い物後、旅客船「びっくあーす」で長崎港へ。

 

この新しい観光ルートを使った方法で来られる場合、一つの例をご紹介します。

長崎港10:10発 ⇒旅客船「びっくあーす」⇒ 﨑津漁港11:50着

﨑津・本渡発着観光バスの﨑津発のコース乗車。﨑津漁港近隣で各自昼食もしくは﨑津漁協女性部手作り「おごっつお弁当(お茶付き)」の注文も可能。

﨑津漁港12:30発 ⇒ガイドさんと合流後﨑津集落散策(徒歩)⇒﨑津集落ガイダンスセンター(バス乗車)⇒天草ロザリオ館(潜伏キリシタン関連資料展示)見学⇒大江教会(白亜の教会)⇒下田温泉⇒富岡港⇒イルカウォッチング(1時間)⇒天草空港⇒本渡バスセンター17:50着

2日目

﨑津・本渡発着観光バスの本渡発のコース乗車。

本渡バスセンター9:20発⇒天草キリシタン館⇒天草コレジヨ館⇒うしぶか海彩館(昼食、お買い物)⇒﨑津集落ガイダンスセンター13:15到着⇒(徒歩)⇒﨑津漁港13:40頃到着

﨑津漁港14:00発 ⇒旅客船「びっくあーす」⇒長崎港15:40到着

その他、お得なタクシープランもございます。詳しくは下記をご覧ください。いろんな組み合わせて天草を楽しんでください。

 

 

お問合せ

【長崎~﨑津高速船「びっぐあーす」】

http://www.goto-sangyo.co.jp/line/line06

期間:平成29年7月7日~10月1日の金・土・日曜日(8月11日~13日を除く)※10月以降の運航は要問合せ

料金:大人片道5,500円 往復10,000円 

電話:095-820-5588(株式会社五島産業汽船)

 

【﨑津・本渡発着観光バス】

長崎~﨑津高速船「びっぐあーす」にあわせて、﨑津・本渡発着観光バスも運行。

http://www.t-island.jp/p/event/detail/1648

乗車料:各コース1人1,000円※食事代や資料館入館料、イルカウォッチングの料金は別途必要

予約期限:運航日前の日曜日(午後3時まで)

予約:本渡バスセンター 0969-22-5234

   五島産業汽船 095-820-5588

 

【タクシープラン】

Aコース:﨑津漁港11:50発 ⇒ 﨑津集落散策 ⇒ 昼食 ⇒ 大江教会 ⇒ 天草ロザリオ館 ⇒ 十三仏公園 ⇒ 下島内の希望のお宿

小型の場合17,480円、ジャンボタクシーの場合25,710円

Bコース:﨑津漁港11:50発 ⇒ 﨑津集落散策 ⇒ 昼食 ⇒ 天草キリシタン館 ⇒ 窯元 ⇒ お宿へ

小型の場合20,980円 ジャンボタクシーの場合30,840円

http://www.t-island.jp/p/event/detail/1648

お問合せ:天草宝島観光協会 0969-22-2243

天草バラモン凧

-皆様こんにちは。天草宝島観光協会のjyunです。今日は、天草の伝統的な工芸品「天草バラモン凧」をご紹介します。

バラモン凧は、風を受けてブンブンと音を発して、右や左に凧がくねることにより空高く上っていきます。下記は、凧揚げ大会の時の模様です。

DSC_0257

大きいものだと高さ2.5mにものぼります。バラモン凧は、長崎の平戸や五島より船乗りたちが天草に伝えたと言われています。

凧を作るには形を決め凧を割り、竹ひごを作り組み立てます。その後、紙を貼り絵を描きます。絵柄は朝日に鶴や恵比寿、大黒天などさまざまですが、最近はゆるキャラくまモンなどもあります。

それから、、うなり(凧の裏の上にある横一文字に張った弓のような骨組み)や尾っぽを作成して完成です。

DSC_0164

写真は天草凧の会会長が絵付けをしていらっしゃる様子です。

26日の『サザエさん 放送2400回記念スペシャル』(後6:00)においても、サザエさん一家が大分・熊本を訪れバラモン凧の製作の見学もある予定です。皆様見てみてください。

天草宝島国際交流会館ポルト1階でバラモン凧の販売をしております。(天草宝島観光協会 電話0969-22-2243

DSC_0296

お問い合わせ

天草文化交流館

天草市船之尾町8-25 電話0969-27-5665

 

 

 

 

 

1 / 212