Category: Staff Blog 天草とりっぷ

五和町天神山

みなさまこんにちはkao-a01.gif

本日発投稿のさとちぇるですheart04.gif どうぞよろしくお願いいたします。

先週末は雪yuki.gifが降ったり寒い日が続きましたが、昨日はとてもいいお天気だったので天神山へ行ってみました。(車でですけど・・・)

登る途中には名産のびわの木がたくさん見ることができます。

風はまだ冷たいけど椿やスミレ、梅の花が咲いていて春が少しずつ近づいているんだな~と感じましたsakura.gifkira01.gif梅の花は満開でとてもいい香りでしたよkao-a04.gif

IMG_6510 IMG_6524

駐車場に車を止め、急な坂を登ると・・・

山頂からはイルカの住む早崎海峡、湯島、対岸には雲仙を眺めることが出来ます(o^―^o)ニコ

IMG_6518

IMG_6533

この海は山を下ってイルカウォッチング乗船場のすぐ近くです。たまにはこんな景色をゆっくり眺める時間も大切なのではないかな~と思いますkao-a18.gif

 

日々の天草(妙見浦編)

こんにちは。

今週のブログ担当はライブとお酒をこよなく愛するハムニダです。

私は天草の中で一番大好きな場所である西海岸の景色を紹介します。

IMG_2597

じゃーん!!

これは晴れた日の鬼海ケ浦展望所からの景色です。

写真をとるのが下手なので、うまく伝わらないかもしれませんが、

とっても色鮮やかな景色で何度行っても感動を覚えます。

 

そして・・・

IMG_2605

角度が違うのですが、同じく鬼海ケ浦展望所からの景色です。

雲がなんともいい感じに思えて思わずパシャリ。。

たまにいい感じの写真がとれます☆

みなさまもいろんな顔を見せてくれる天草の景色を見に来てくださいね。

 

鬼海ケ浦展望所 (天草市天草町下田北)

イルカじゃなくてマグロ!!!!!

この度、初めてブログを書くredです。

IMG_5313

以後宜しくお願いします。

 

天草の海のレジャーといえば、やはりイルカウォッチング!!

ですが、今回はイルカではなく・・・・・

なんと今ちょっと話題の「マグロウォッチング」をご紹介いたします。

 

 

マグロウォッチングの舞台は天草市新和町。

港についたら、まず天草漁協の方から

マグロウォッチングについて説明を受けます。

(1匹が○○万円するそうです!!!)

 

ちなみに、ウォッチングするマグロはよくテレビである

大間のような天然のマグロではなく、今回は養殖マグロ!!

 

そして説明を聞いた後、いざ出港!!IMG_5282

(写っているのは、当協会のマグロ兄さんです。)

 

なんと、10分ほどで養殖されている場所に到着。

 

そして、いきなりマグロちゃん達の食事タイム。

今日のごはんは、塩焼きで食べても美味しそうなサバでした。IMG_5287

そしていよいよ餌の投入IMG_5290

(左に写っているパイプからサバちゃんが投入されます。)

いるわいるわのマグロ群れ。

養殖網の中でも、たくさんのあのマグロが元気に泳いでいます!!!

思わず○○三昧と言いたくなります。

写真では分りにくいですが、水しぶきがあがっているのが

マグロです!!!

 

更に、餌のサバちゃんを狙ってなんと海鳥たちもどこからともなく

大量発生!!マグロVS鳥の戦いが始まりました。

IMG_5286

 

そのあとも○○万円するダイヤ、いやマグロをずっと見ながら

癒されました。

 

そして、マグロウォッチングの後は

お待ちかねの自分の食事タイム!!

食事場所は、港から車で1分の「はまや旅館」。

部屋からの景色も最高です!!!

(写真を撮り忘れました。。。。)

 

そして、お待ちかねの

マグロどーーーーーん!

 

IMG_5299

 

 

さらに、どーーーーーーーん!!!!

IMG_5301 (1)

 

味は、文章では表現できないくらい、まさに絶品!!!!!

詳しくは、ぜひ自分の舌でお確かめください( *´艸`)

 

ぜひ天草のマグロウォッチングとマグロ丼を

堪能されてみてはいかがでしょうか。

 

≪マグロウォッチング≫

催行人数:5名~22名

体験時間:9時から10時(約1時間)

休み:日、年末年始、お盆

料金:大人:2,000円、中学以下:1,000円、小学生未満:無料

※3日前までに要予約

お申込み、問合せ先:天草漁協新和支所:0969-46-2339

 

≪クロマグロ丼≫

場所:はまや旅館

料金:1,500円

TEL:0969-46-2222

マグロウォッチングとセットだと更にお得に!!!!

 

詳しくはお問い合わせください。

 

 

 

 

 

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の正式推薦書がユネスコに提出

天草宝島観光協会のjyuです。今日は、大変うれしいニュースをお伝えします。

2月1日、天草の﨑津集落を含む「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の正式推薦書がユネスコに提出されました。

今年の夏に、専門家による現地調査行われ、平成30年の夏にユネスコ世界遺産委員会で審査された後、登録の可否が決まる予定です。

世界文化遺産候補の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は江戸幕府による禁教下の信仰で独特の文化的伝統を育んだことが普遍的な価値があるとされています。

諏訪神社より協会を見て

写真は、﨑津諏訪神社から見た﨑津教会です。﨑津諏訪神社は、潜伏キリシタンが多く発覚した事件「天草崩れ(くずれ)」の舞台で、信徒さんたちが所有していた信心具を差し出すように指定された場所です。その際の取り調べで、信者はどちらへ参詣する際にも「あんめんりゆす」(アーメンデウス)と唱えたとされています。

IMG_0437

﨑津教会は、長崎の建築家・鉄川与助によって設計されたゴシック様式の教会で堂内は国内でも数少ない畳敷きになっています。禁教時代に厳しい絵踏みが行われた場所に、現在の祭壇が配置されたと言われていて、内部を拝観すると厳かな気持ちになり心落ち着く雰囲気が漂っています。

 

堂内は今も信者さんたちの祈りの場所になっていますので、拝観マナーは守ってくださいね。また、﨑津集落については、﨑津集落ガイダンスセンターや﨑津資料館みなと屋によるとより理解ができます。ぜひお立ち寄りください。

 

﨑津資料館みなと屋 天草市河浦町﨑津463番地 0969-75-9911

﨑津集落ガイダンスセンター 天草市河浦町﨑津1117-10  0969‐78‐6000

あまくさ西海岸の海

みなさまこんにちは。gamiです。初めてのブログとなります。今後ともどうぞよろしくお願いします!

 

今日は、天草で最も身近で、大きな存在でもある「海」についてご紹介します。

 

春夏秋冬、天草の海は、いろいろな表情を見せてくれます。

その日その日で海況は変わりますが、

力強くうねりが大きい大時化の海

穏やかでどことなく優しさを感じるべた凪の海。

夕陽に照らされた海は、さらに素晴らしい景色に変わります。

毎年この時期になると、天草西海岸の海は外海ということもあり、時化の日が続きます。

大時化になると、大きな波が堤防を超えてくることも・・。

こんな恐い一面を持つ一方で、穏やかな時は本当に見惚れてしまうくらいの感動を味わうことができます。

 

また、

海といえばお魚ですよね。天草には、今が旬の魚たちもたくさんいます。

個人的にではありますが、先日釣りに行ってまいりました。

 スーパーや魚屋さんで買うのは簡単ですが、いざ自分で釣ってくるとなると、本当に難しいものです。

目の前の海で釣った魚を捌いて食べる、数えきれない程たくさんある天草の素晴らしさの一つです。

結果はというと・・。

大きなブリが釣れましたよ!! 😛 引きも強く、大変楽しむことができました♪

天草の海は、魚種もとても豊富です。

おいしいもの、たくさんそろっています。

これからグルメフェア等始まりますので、是非天草へお越しくださいね!

 

場所:天草市天草町

記事・撮影:gami

1 / 212